メモリアル歯

皆様からのご質問にお答え致します

Q1 知覚過敏は歯の磨きすぎのせいでしょうか?加齢のせい?
A1 歯がしみる原因は、歯の表面のエナメル質は傷つき、削れた結果、象牙質という柔らかい部分が露出することでおこります。

    • 歯ブラシ(磨き過ぎによるもの)

歯磨きの回数が多かったり、力を入れすぎたりすると、エナメル質を削り取ってしまう可能性があります。また、過度なブラッシングは歯ぐき下がりの原因になります。固い歯ブラシや研磨剤が多い歯磨き粉なども原因になります。

    • 歯ぎしり、くいしばり

頻繁に行なっていると、エナメル質がはがれ象牙質が露出する場合があります。

    • 歯周病

歯周病により歯ぐきなどに炎症がおき、歯ぐきが下がって象牙質が露出することがあります。

  • 知覚過敏でしみるもの
    • 冷たい飲み物、風
    • 甘い物
    • 歯ブラシ
    • 酸っぱい物
Q2 親知らずは抜かないとダメなんですか?
A2 ①親知らずを抜く理由

親知らずが途中まで生えている場合や横向きに生えている場合、手前の歯との間に汚れや細菌が溜まりやすく、親知らずが虫歯になったり、歯茎が腫れて痛くなったりします。

また、親知らずだけでなく、その手前の歯も虫歯や歯周病になったりすることがよくあります。

親知らずは咀嚼や発音にとって重要な機能はなく、抜いたからといって何か不便になることはありません。

トラブルが起こる前に親知らずを抜いて、手前の歯を虫歯や歯周病から守りましょう。

また、矯正治療をする方は、親知らずが残っていると手前の歯を押して歯並びをまた悪くする原因になることがあるので、まだ生えておらず骨の中に完全に埋まっていても抜いておくことをおすすめします。

 

②親知らずを抜かなくて良い場合

・手前の歯と同様に完全に生えていて、歯磨きもきちんと行き届いている場合

・骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題がないと判断された場合

・矯正や移植に利用できる場合

・ブリッジの土台として利用できる場合

 

③早く抜いた方がいい理由とは?

遅くなればなるほど、手前の歯まで虫歯や歯周病になり、歯の寿命が短くなる確率が高まります。

虫歯や歯周病が悪化して痛みが出ると、麻酔が効きにくくなる場合があります。

メモリアル歯科のご予約はこちらへ TEL 011-746-2311 診療時間
月・火・木 10:00~20:00
水・金  10:00~18:00
(昼休み 13:00~14:30)
土   10:00~13:00

不定期休診日のご案内

スクリーンショット 2018-10-03 13.51.49

スマートフォン・iPhoneをご使用の皆様

下記のQRコードをバーコードリーダーソフトで読み込んで頂きますと、当院ホームページのURLが取り込めます。是非ご活用ください。

リンク一覧

banner_mem 札幌デンタルラボラトリーポテト歯科医院