メモリアル歯

部分入れ歯治療

特徴 (ブリッジやインプラントと比較して)

メリット
  • 取り外し式で手入れが楽
  • 歯の欠損の場所を選ばず治療の適応範囲が広い
デメリット
  • 慣れるまで違和感がある
  • 取り外し式のものを使うことに引け目を感じやすい
  • 保険の入れ歯だとバネが周りの人から見える
  • 噛む力が弱くなる
  • バネをかける歯に負担がかかる

 

クラスプデンチャー(保険治療)

csp-aden01金属製のクラスプ(バネ)がついたタイプの部分入れ歯です。

 

5,000円~13,000円(自己負担金3割の場合)
メリット
  • 破損しても比較的修理が容易
デメリット
  • バネが見える
  • 凹凸があるので、バネ付近に汚れが溜まりやすく、舌感も悪く感じがち
  • 失った歯の本数が多いなどの条件によっては、噛んだ時の沈み込みを押さえ切れないので、食べれる物の種類に制限がある

 

ミリングデンチャー(自費治療)

mlg-den01残った歯に精密に溝を付与した被せ物をかぶせ、その溝に入れ歯の金属のフレームをフィットさせて、摩擦力で維持させるタイプの精密加工入れ歯です。

 

症例単位でお見積り致します
メリット
  • 歯の表側のバネを省くことができるので、入れ歯を使用していることを周りの人に気づかれにくい
  • 残った歯に入れ歯が強固に固定されるので、沈み込みにくく保険の入れ歯よりよく噛める
  • 入れ歯を装着すると歯の凹凸が少ないので、汚れが溜まりにくく、舌感も良い
デメリット
  • 入れ歯を外したときに、残った歯に複雑な溝があるので清掃が難しい
  • 金属のフレームが破損した場合は修理が著しく困難
  • 残った歯にトラブルが生じると、作り直す場合もあり

 

コーヌスデンチャー(自費治療)

cn-den01茶筒の原理(摩擦抵抗)を応用した部分入れ歯です。残っている歯に金属のキャップ(内冠)を装着し、その上から被せ物と連結した入れ歯を被せます。

 

症例単位でお見積り致します
メリット
  • 歯の表側のバネを省くことができるので、入れ歯を使用していることを周りの人に気づかれにくい
  • 入れ歯装着時は凹凸が少なく、汚れが溜まりにくく異物感も少ない
  • 残っている歯の清掃が容易
  • 残っている歯に無理な負担がかかりにくい
  • 残っている歯にトラブルが起きても、修理してそのまま使用できることが多い
デメリット
  • 金属のキャップを被せるために、残っている歯を大きく削る必要がある
  • 被せ物が入れ歯にくっついているので、入れ歯を外すと被せ物もなくなり、その下の金属のキャップが露出する

メモリアル歯科のご予約はこちらへ TEL 011-746-2311 診療時間
月・火・木 10:00~20:00
水・金  10:00~18:00
(昼休み 13:00~14:30)
土   10:00~13:00

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 メモリアル会 All Rights Reserved.